主席コンサルタント

今城 敏

いまなり さとし

LRQAサステナビリティ株式会社
取締役 食品事業部長

わかりやすく親しみやすい指導で定評。
食品安全技術エキスパートであり、特に微生物学的な品質保証が専門。
科学的根拠に則った安全の積み重ねと食の安全を担う人財づくりを通して、信頼の見える化をサポートしている。
また、日持向上となる処方の改善提案や衛生管理の強化で収益改善のアドバイスも行っている。

Profile Picture

略歴

東京海洋大学大学院 海洋科学研究科 食品流通安全管理専攻 修士修了

山崎製パン株式会社にて食品微生物の検出・制御や保蔵の技術開発研究を行う。また4工場の食品衛生の責任者も務める。

その後、花王株式会社にてトクホなどの食品開発における微生物学的品質確保の研究責任者を務めるとともに、食品品質保証室の室長として監査の仕組みづくりやフードディフェンス体制構築などを展開。食品技術渉外の副主席としてリスクコミュニケーションの強化などを推進。

2011年、農林水産省 食料産業局 企画課企業行動室 出向
フードコミュニケーションプロジェクト事務局として各種の研究会を通して、食品関連事業者と消費者とのコミュニケーションの活性化を進めている。
・また、HACCP政策に参画。HACCPの普及推進事業について技術支援を行う一方で、HACCPの将来構想について民間企業の視点から提唱している。特に、 HACCP支援延長作業において、高度化基盤整備事項 確認項目と称する日本版一般的衛生管理プログラムを立案設計、法制化につなげた。

GFSI(Global Food Safety Initiative)のGuidance Document Working Groupにおいて、アジア人唯一のメンバーとして活動。
またGFSI日本ローカルの組織立上げから深く関わり、コアメンバーとして国内普及にも尽力。

2015年ロイドレジスタークオリティアシュアランス (LRQA) 入社を経て、2016年よりロイドレジスタージャパン株式会社 取締役。

この間、行政機関の検討会委員、国際的な規格等への参画多数。


著書:

フレームワーク思考で学ぶHACCP 単著(カナリアコミュニケーションズ)
法令等でわかる食品の一般衛生管理 単著(幸書房)
食品製造・加工事業者のためのよくわかる高度化基盤事項解説 共著、監修
(一財 食品産業センター)
教育研修DVD 「みんなで実践・異物混入対策」 監修(PHP研究所)

メディア出演:
「HACCP義務化どう対応?」日経産業新聞
「旅館業におけるHACCP導入」NHK大分
「低温調理の危険性について」フジテレビ、日本テレビ、関西テレビ、毎日新聞、朝日新聞、日本経済新聞など

その他、関連の講演、執筆多数。


農林水産省 FCPアドバイザー
立命館大学 客員研究員
一般財団法人東京顕微鏡院 技術アドバイザー
IRCA Japan(国際審査員登録機構)食品安全テクニカルエキスパート
日本食品衛生協会 HACCP指導者
ISO 22000 Principal審査員(IRCA)
米国FDA予防管理適格者PCQI Lead Instructor
全米レストラン協会NRA ServSafe Instructor/Procter
元 帯広畜産大学客員教授、別府大学大分県派遣講師
元 ILSI Japan食品アレルギー研究部会部会長
元 一般財団法人食品産業センター HACCP普及啓発検討委員
元 GFSI ガイダンス文書WGメンバー、GFSI日本コアメンバー
元 SQF Consultant など