「食品衛生の一般原則」をわかりやすく解説

Codex「食品衛生の一般原則」に基づく一般衛生管理プログラムの重要ポイントの理解を深めることができます

安全に食品を製造するためには、HACCPを支える一般衛生管理プログラムが不可欠です。

2020年秋、Codex「食品衛生の一般原則」General Principle of Food Hygiene(GPFH)が17年ぶりに改訂されました。

これまで「HACCP適用ガイドライン」は「食品衛生の一般原則」の附属書として収録されていましたが、2章構成(第1章一般衛生管理、第2章HACCP原則)となりました。


Codex「食品衛生の一般原則」の改訂内容をわかりやすく解説致します。
一般衛生管理プログラムの重要箇所の理解を深めることができます。

<特典>Codex「食品衛生の一般原則」対訳を提供いたします
※本対訳資料は弊社がセミナー用に翻訳したものです。
 必要に応じて原文(英文)を参照して頂くようお願いします。

カリキュラム

  1. はじめに
  2. 改訂の概要(主な変更点など)
  3. 改訂各論
      序章、目的、使用、定義など
      第1章 適正衛生規範
      第2章 ハザード分析および重要管理点システムとその適用ためのガイドライン
  4. まとめ、質疑応答

※修了証は発行されません

日程(いずれも同じ内容)

2024年  6月14日 13:00~15:00
2024年  7月10日 10:00~12:00
2024年  8月21日 10:00~12:00
2024年  9月19日 10:00~12:00
2024年10月25日 10:00~12:00
2024年11月25日 10:00~12:00
2024年12月19日 10:00~12:00

※お申込み受付は前日までです。
※同業者様からの申込みはお断りさせて頂いております。
食品安全技術センターとの共催です。

受講料

税込13,200円(お一人様あたり)

※お支払は、クレジットカード・銀行振込・PayPal・コンビニ決済から選べます
※食品安全技術センター・ホームページにてお申込み頂きます
※振込明細書をもって領収書に代えさせて頂きます
※食品安全技術センターはインボイス制度の免税事業者です。インボイス対応の領収書を発行致しません。

対象者

・HACCPを体系的に学びたい方
・食品衛生の管理者
・食品安全チームの力量を向上したい方 など

最少催行人数 2名

受講にあたって

事前にテキストをPDFで送付致します。
必要な方は印刷してご準備をお願いします。

<テキスト>
 ・改訂解説テキスト
 ・Codex「食品衛生の一般原則」対訳※

    ※「Codex「食品衛生の一般原則」対訳」は弊社がセミナー用に翻訳したものです。
      必要に応じて、原文(英文)を参照して頂くようお願いします。


<講師略歴>

今城 敏(いまなりさとし)

LRQAリミテッド 首席理事 食品事業本部長
LRQAサステナビリティ株式会社 社外取締役 食品事業部長
立命館大学 客員研究員

食品安全技術のエキスパートであり、特に微生物学的な品質保証が専門。
大手食品メーカーにて、微生物研究者や品質保証責任者として、食品微生物の検出・制御技術、殺菌工学に予測微生物学の知見を活かして、
茶系飲料、缶コーヒー、レトルト食品などの加熱殺菌の条件設定やバリデーション、ボツリヌスなど想定される危害菌を用いてのチャレンジテストによる評価などを行う。

現在、HACCP責任者やPCQI予防管理適格者を多数養成する中で、しっかりとした科学的根拠の整備が重要と指導。
科学的根拠に則った食品安全の積み重ねと食の安全を担う人財づくりを通して、信頼の見える化をサポートしている。
また、日持向上となる処方の改善提案や、収益改善につながるような衛生管理の見直しといったアドバイスも行っている。

農林水産省 FCPアドバイザー、(一財)東京顕微鏡院 アドバイザー、ISO 22000 プリンシパル審査員(IRCA) など